Durbuy: “世界一小さな町”

こんばんは。
最近、自分はiPhone依存症なのではと心配になっている今日この頃…
依存症と中毒の違いを考えてみたり(笑)
結果、中毒は止めたくても止められない人のことを言う。
依存症は手放せないけど止めたいと思っていない人のことを言う。
私は後者…
そんな私のiPhone依存症にはいい面もあるので許してもらおう!(自己完結…笑)

その成果というのか…
ある晩、ネットサーフィンをして見つけたのがお隣の国ベルギーにある
Durbuy: デュルビュイという “世界一小さな町”のこと。

“世界一小さな町”と聞いて一気にわたしの想像は膨らんでしまった♪
少し調べてみるとこの町は人口約500人ほどなのに1331年に “市” の称号を得たのだとか。

デュセエルドルフから約165キロ(車で約2時間半)と比較的近いことが判明!
早速、デュルビュイ城を中心に中世のころから町並みが変わっていないこの町に行ってきました!
到着したときは雨模様だったのですが…
日頃の行いがいいのか…いいのか?気がつけばお天気も回復♪

石畳の小道を歩いているとカフェでリラックスしている人々の声が聞こえてくる。
おとぎ話に出てきそうな町には、なにげなく散りばめられたグリーンや
お花がとてもヨーロッパらしいくて大好き♪

Image

石造りのお家やお店がとにかくいちいち可愛い!
黄色いドアのお家は現在は宿として利用されている。

Image

柵の向こう側を覗いてみると可愛らしいお庭にハーブやお花♪

Image

散策を続けているとたくさんの雑貨屋さんも発見!
店構えもいちいち可愛い♪

Image

フランスの影響なのか所々でモロッコ雑貨や家具を見かけた。
私的にはドンピシャ!なモロッコ・テーストはツボなのでお店散策もかなり楽しい♪
また、洞窟にでも入り込んでしまったようなアンティークショップやレトロな雑貨屋さんなど目移りしてしまう!

Image

デュルビュイは美食の町としても有名で素敵なレストランがたくさん!
今回はカフェに入り何故かモロッコのクスクス、串焼きとローストチキンを頂いた。
チキンには毛が残っていて “海外” だなぁ、と実感(笑)
お味はボリューム満点でとても美味しかった♪

Image

デュルビュイ特産のマスタードやジャム専門店、地ビールなどもありお家でも楽しめちゃう♪
我が家は大のマスタード好き♪
そのマスタードの種類も豊富でどれを買うか迷う…
今回は “カレーとごま” と ”ブルーチーズとくるみ” 味を購入…
え?という味のコラボレーションに思えるが…
これがめちゃめちゃ美味しい!
“カレーとごま” はソーセージとあう感じでドレッシングにしても美味しい。
”ブルーチーズとくるみ” はオムレツとあう感じでパンにそのまま塗って食べても美味しい。
ん〜。マスタード… 奥が深い。

Image

そんな日帰り小旅行に最適なかわいい町デュルビュイはまた訪れたい♪
マスタードを補充しないといけないので…(笑)

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s