Bonn:どうしてドイツの旧都? x クリスマスおろちょろ

デュッセルドルフから約70km に位置するボンは車で約1時間であっという間に着いてしまった。

以前、4月に気まぐれドライブでボンに行ったけど…
今回は目的があった。
それは、素敵な出逢いをするコトとクリスマス・マルクトを散策してグリューワインを飲むコト!

Image
大きなタケコプターは… クリューワインのスタンド

ボンはコジンマリとした小さな街なのに旧西ドイツの首都。
そう、ドイツの旧都なのだ!

なぜまたこんな小さな街を首都にしたのか…
これまでの歴史的意義とは唯一ベートーベンが生まれた場所だということくらいだった。

Image
Mr. Ludwig van Beethoven @ クリスマス・マルクト

なのに、なぜ…

第二次世界大戦後もともとの首都(現在の)ベルリンに拠点を置くことが不可能だった。
そこで、活気のないボンか金融センターのフランクフルトが候補にあがった。
33対29というギリギリの結果でボンに決定…
とにかく首都を一日も早くベルリンに戻すためにも将来的に混乱を招かない、飾り気の無いボンの街が好都合だったとか。
また、西ドイツの初代連邦首相を1949年から1963年まで勤めたコンラート・アデナウアー氏がボン近郊の村に快適な邸宅を持っていたからではないかとも言われている(笑)←以外とこれが一番有力だったりして…

Image
“Bonn was a beginning, a city without a past” – Konrad Adenauer
「ボンは始まりであり、過去のない街である。」- コンラート・アデナウアー

調べてみました… ふぅ~。スッキリした!

さて、ボンのクリスマス・マルクト♪
好きだなぁ。この雰囲気…

Image

綿飴を買ってもらった女の子はすごく嬉しそうだったなぁ… よかったね♪

こじんまりとしていて心地いい。
ボンの人々はとても親切で優しい。
笑顔を自然と引き出すことができる。

Image
お昼はクリスマス・マルクトで…

もちろん、自分が住んでいる街も大好きだけど…
好きだなぁ。このくらいのサイズの街は落ち着きますね。

色々と刺激の多い一日だったな。
自分の Comfort Zone – 心地いい場所を離れて見えてくる世界が視野を広げる。
視野が広がれば広がるほど自分の帰る場所は一つなのだとつくづく思った。
その場所は何処でもない自分だけなんだってね。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s