Warsaw:ポーランドのソウルフード・ハンティング

美味しいね♪ ポーランドのご飯♪

最初はドイツとあまり違いがないのでは?
そう思っていたけど…
まだ肌感覚だけど違うんです。

まだまだ越して来たばかりなのですが…
やっちゃいます!独断トップ3ランキング!

1位 – Żurek Soup: ジュレック・スープ

IMG_1376

ライ麦を発酵させたものから作るちょっと酸味のあるスープ。
ポーランドの伝統料理で各家庭の味があって日本のみそ汁的な存在だとか。

ゆで卵とソーセージが具として入っていることが多い。
パンをくり抜きながら食べる?飲むのが楽しくて美味しい♪
(パンをくり抜いた器ではなく普通のスープ皿で出てくることもある。)

作る人によって味はもちろん酸味具合も違うんです。
私は酸味がきいているのが好き。

2位 – Bigos: ビゴス

image

こちらもポーランドの伝統的料理でお味はドイツのザワークラウトに少し似た感じ。
ただ、ビゴスは発酵キャベツと生キャベツを肉類やタマネギなどと一緒に煮込んだものでキャベツの酢漬けであるザワークラウトとはやはりちょっと違う。
温かい煮込み料理として頂くのが基本のよう。

ん?待てよ。
そういえば、一昨年のドイツ・ドレスデンのクリスマスマーケットでKassler + Sauerkraut im Brotlaib という似たようなものを食べたような…
食文化が多かれ少なかれ入り交じるのはやはり国境をシェアするヨーロッパならではなのかもしれませんね。

3位 – Pierogi: ピエロギ

image

またまたポーランドの伝統料理で日本の餃子が恋しくなったらどうぞ♪
私は焼いたピエロギが好みですが茹でた物もあります。
中身はお肉や野菜だけではなく、フルーツやチーズが入った物まで。
メインからデザート役まで勤めちゃうピエロギの一番美味しい、定番と言われているのが ruskie: ルスキェ といってロシア風という意味を持つジャガイモとチーズが入っているものだとか。
歴史的に考えてロシア風が一番人気って…ちょっと皮肉でもあり面白い。
食べ物から見えてくるポーランドの歴史も興味深いなぁ。

どれもがポーランド料理を出すレストランならメニューに並ぶもの。
ジュレックとビゴスは家庭によって味付けが違い “おふくろの味” を思い出させる料理でありピエロギは街角のあちこちに専門店があるくらい。
いつか、これらの料理をポーランドの家庭で食べてみたい。
ソウルフードはきっとそこにあるはずだから♪

ランキングにはかなり、定番のザ・ポーランド料理が並びましたが…
このランキングも次期に変わる…かもしれません!

なにせ、ポーランド在住歴1ヶ月!
まだまだこれから!
マニアックに色々冒険していきますよー♪

そろそろお腹空いてきませんか?

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s