Le Mont-Saint-Michel: 修道院と大聖堂

Image

それではさっそく本題に!

モンサンミッシェルの長い歴史は司教オベールの夢に大天使ミカエルが現れ、“モン” = “岩山” に「聖堂を建設せよ」と告げられたことから始まりました。
当時は陸続きだった岩山はオベール司教がお告げに従い指示通りの場所に小さな聖堂を建てると、岩山は一夜にして海に囲まれ孤島になったという伝説もあるとか。
このようにして西暦708年10月16日(私の誕生日と一緒!感激!)に大天使ミカエルを奉る、ノルマンディーの海に浮かぶ要塞のようにも見えるモンサンミッシェルが誕生したのです。

Image
大聖堂の天辺に奉られる金色の大天使ミカエル像

966年にはノルマンディー公リチャード1世によりベネディクト会の修道院が設置されたのをきっかけに修道院は増改築を繰り返し13世紀頃に現在の形になったとされています。
11世紀に入ると岩山の頂点にロマネスク様式の大聖堂が建てられ、12世紀にはイギリスの王権が弱まると共にフランス王フィリップ・オーギュストによるノルマンディーの征服を機にゴシック様式のクロイスターと食堂を頂点に置いた3階建て2棟が寄贈されました。

Image
クロイスターの支柱の二段重ねは天井の重みを支えるためとはいえ、
中庭の景色に奥行き感を持たせ素晴らしい。

Image
穏やかな空気に包まれた回廊は瞑想の場所だったとか…
私もここで瞑想がしたいなぁ。
木造の天井アーチも素晴らしい!

Image
石造りの食堂の天井も木造でどこか温かみを感じる…

14世紀に英仏は百年戦争(1337年~1453年)へと突入、その際には城塞として使われ修道院は閉鎖されました。
→ なるほど!だから要塞にも見えるわけだ…

百年戦争が終結すると、モンサンミッシェルが戦乱を乗り切り、フランスを勝利に導いた大天使ミカエルへの人々の崇拝が高まり巡礼ブームに拍車がかかったとか。
フランス国内外、ヨーロッパ中からこの聖地へたくさんの人々が巡礼にやって来たそうです。

Image
天井の高い明るい迎賓の間はからはワイワイ声が聞こえてきそう…

Image
大きな迎賓の間を温める大きな暖炉!バチバチと薪が燃える音が聞こえてきそうだ…

15世紀にはロマネスク様式の内陣がゴシック・フランボワイアン様式のものに置き換えられたそうです。
また、フランス革命から第二帝政時代までは監獄として姿を変えた時期も…
→ 監獄だった面影はまり感じなかったなぁ。

Image
1000年から1010年の間に完成されたロマネスク様式の修道院聖堂は1421年に
崩壊してしまい、
その後現在のゴシック・フランボワイアン様式の姿に置き換えられた。

その後、16世紀から現在に渡りふたたび修道院に復して年間を通して一般公開されています。

この様な歴史を経たモンサンミッシェルに私がこうして現在訪れている。
歴史は続いているんだなぁ。

現在は本土と結ばれている防波堤道路沿いに延びる遊歩道をマイペースに景色を眺めながら歩いたり、無料シャトルバスに乗ったり、観光シーズンには有料馬車式シャトルバスで渡ることができます。
私たちはというと…
車移動の時には必ず持って行く愛自転車ブロンプトンで快適サイクリング♪
確かに快適だったけど海風が寒かったなぁ。
(※自転車に関する注意は最後に記載してあります。)

Image

しかし、当時は交通の便も発達しておらず大変なものだったそうです。
道中には強盗や疫病、戦争などと多くの危険が待ち受けていたりと…
やっと聖地が見えたと思っても、防波堤道路という便利な道は当然なく、最後には引き潮を待って砂浜を渡らなければなりませんでした。
少しでも渡る時期がズレてしまうと一気に押し寄せる大波に飲み込まれて命を落とすものも多かったとか。
滞在中、潮が満ち引きを見ることができましたが、安全な所から見ている分には素晴らしく美しいのですが、そこを渡ると思うと恐ろしい早さでした。
モンサンミッシェルへの巡礼の旅に出るものは遺言書をしたためたというのですから、それだけ命がけだったことが再度納得できました。

早朝と言っても日の出が8時過ぎなので、全く早朝でもないのですが…
モンサンミッシェルをじっくり眺め、島内をゆっくりお散歩してきました。
人数も少なく静かな島は現代的な雰囲気は最小限に控えられ、それこそ中世にタイムスリップしたようでした。
なんとなくですが、ハリーポーッターの世界、特にメイン通りのグランド・リューはダイヤゴンアリーに迷い込んだような気分になり妄想も膨らむ一方です(笑)

Image

現在の私たちは巡礼ではなく観光というカタチですが、これから100年、200年、500年後の歴史にはどのように記されるのだろう。
観光客はもしかして “当時の新種巡礼者” として記されていたりして(笑)
そして、今から1000年後の人々はもしかしたら宇宙からこのモンサンミッシェルを眺めていたりするのかなぁ?
なんて、急な狭い階段を登りきった時に見えた景色を眺めながら思い浮かべたり…

当時の巡礼者とは比べ物にもならないけど…
ここに来れて、ここの空気に包まれて、少しでもここで時間を過ごすことが出来て本当によかった。
大聖堂や修道院の中のどの空間でもどこかホッとする潮風で洗われた澄んだ空気が流れ、何時間でも座っていられそう。
目を閉じると他の観光客の声が自然とフェードアウトし、当時の方々の声や雰囲気が思い浮かぶような不思議な感覚…
心が落ち着き、どこか魂が洗われる感覚を抱き幸せな時間でした。

必ずまた何度でも訪れたい場所、モンサンミッシェル…
皆さまもぜひご自分の目で見てカラダで感じて欲しい!

☆おまけ動画☆
旅先ではずっと写真のみ撮る派でしたが…
最近、動画を撮るのにハマっています。
撮影、編集技術は全くの素人ですがよかったら見てくださいね♪
モンサンミッシェルの島内をお散歩した時の様子が見れます。
まだ行かれたことのない方は行きたくなるかも♪


※自転車走行に関する注意!
この防波堤道路を自転車で走行できる時期と時間が決められています。

走行不可能時期と時間
4月1日~9月30日:10::00~18:00
上記以外は基本的に可能ですがモンサンミッシェル島内での自転車移動は不可能です。
また、島内での駐輪も不可能です。
訪れた時期(2014年1月4日現在)では防波堤道路手前(ビジターセンター側)には駐輪スペースあり。

写真

Le Mont-Saint-Michel 関連ブログ
Le Mont-Saint-Michel:800km 高速道路の旅
Le Mont-Saint-Michel:はずせないグルメ&ホテル編
Cancale:ちょっと寄り道グルメ

Lüneburg:中世の都市 “白い黄金” – 塩の道へ

10月3日は ドイツ統一の日 – Tag der Deutschen Einheit
1990年のこの日に45年ぶりに東西ドイツが統一され、ドイツ連邦共和国が誕生した日のため祝日だった。
せっかくの連休をどこかで過ごそうとデュッセルドルフから約420km北に位置するハンブルクに向かうことにした。

ドイツには、「ロマンティック街道」や「ファンタスティック街道」など「◯◯街道」が付く観光街道がいくつもある。
そんな街道のうちの一つであるAlte Salzstraße – アルテ・ザルツシュトラッセ:「塩街道」の起点として有名な、ハンブルクの南東50km手前に位置するLüneburg – リューネブルクへ寄り道をすることに。

約4時間高速道路を走り、辿り着いたのが人口約7万人の街だった。
小さな町を想像していたので着いてみてびっくりだ。
交通量も多く駐車場は満車…
車をなかなか止めることの出来ない結構大きな街だった。
何とか少し離れたところに駐車スペースを確保し…
ここからは、愛自転車ブロンプトンの出場だ!

Image

リューネブルクは当時、製塩所が存在する “塩の産地” として栄えたハンザ都市だ。
また、かつての繁栄を旧市街の古い街並から感じ取ることができる。

“白い黄金” とも呼ばれた塩は毎年2万5000トン作られ、”塩の道” と名付けられた道やイルメナウ川を経てハンザ商人によってリューベックに運ばれた。
そこから更にバルト海沿岸の全地域に輸出された。
塩はバルト海でとれたニシンなど魚や肉などの足の早い食材を塩漬けにして長期保存をするためにも大変重宝された。

Image
(この写真はネットより引用)

この週末は Lüneburger Sülfmeistertage (04.10.2013 ~ 06.10.2013) – Sülfmeistertagの日という15世紀から続く年に一度の歴史的お祭りが行われていた。
Sülfmeisterとは製塩所の所有者であり議員も務めた24人の権力者たちを指した。
このお祭りでは毎年さまざまな催し物を通して彼らの勇気や権力を試し、生き残るか新たなマイスターが生まれるかが問われる日でもあった。

たまたまそんなお祭りの初日に出くわしたのはラッキーだった。
中世ヨーロッパのコスチュームを着た人々が音楽を奏でていたり、当時の手法で作るパン屋の露天が移動蒔きオーブンまで持って来ていて、その場で釜焼きしていたりと旧市街はお祭りムードに包まれていた。
どおりで駐車場も満車になるのだと妙に納得(笑)

ちょうどお昼時でもあったので香りにつられ Ritterfladen – 中世のパンケーキを頂くことに。
Fladenとはパンケーキやべっとりとした固まりを意味するが…
ハーブとチーズがのったずっしりとしたピザパンと言った方が分かりやすいかもしれない。

Image

ずっしりとした焼きたてパンは言葉通りで美味しかった。
半分でお腹がいっぱい…
そして、とても喉が渇いた(笑)

この街は幸いにも戦争を免れたため、当時のレンガ造りの建物がとてもいい状態で維持、保存されている。
また、建物の外壁やファザードが華やかな装飾で彩られているのは、かつて塩によって栄えた重要で豊かな “大都市” であったことが感じ取れる。

Image

街の中心にはAm Sande – アム・ザンデ広場…

Image

建つ黒いレンガの建物は当時のビール醸造所で現在の Industrie und Handelskammer – 商工会議所も当時の繁栄を感じる造りだ。

Image

イルメナウ川沿いには、塩の上げ下ろしに使われていたであろう古いクレーンや Kaufhaus – ニシン倉庫などが残る。
最初に建てられたクレーンは1332年だが、写真の木製クレーンは1797年に建てられたもの…

Image

昔の船もこの街並を更に美しく映しだし私のおすすめスポットだ。

Image

カフェテラスは季節的にも少し寒くなり静かだったが…
暖かい日差しを感じる日はゆっくりと流れる時間を楽しめるとっておきの場所だ。

Image

港の近くには15世紀に建てられたゴシック調レンガ造りのバシリカ St.Nicolai-Kirche – 聖ニコライ教会が建つ。
綺麗なカーブを造り出すレンガ造りは当時の繁栄をここでも感じることができた。
場所柄、船乗りのための教会として親しまれていた。

“塩” で栄えた街リューネブルク…
人類にとって塩は必要不可欠だ。
個人的に塩で思い浮かぶ歴史的な出来事は…
1930年にインド独立運動の指導者であり「インド建国の父」として知られるガンディーによる「塩の行進」だ。
インドでは独立のシンボルともなった “塩”は歴史をも動かしてしまうチカラを持つ…
普段の私たちの生活では食卓の調味料の一つにすぎない感じがするが、中世当時からの生活に置ける塩というモノの重要度を改めて感じさせられる興味深い寄り道だった。

Image

Cochem:ぶどう畑を見にモーゼル川へ

今週末は本当にいいお天気!
ドイツでは日曜日になると閉店法でお店が全て閉まる。
その中でも特別に許可を得たレストランや観光地のお店は営業していることもあるので、日曜日はドイツの観光地や近隣国を訪れるのに最適だ。

そんな晴れた日曜日…
デュッセルドルフから約160キロに位置するリーズリングワインで有名なモーゼル地方の Cohem – コッヘムへ向かった。
秋の収穫時期に向けてぶどう畑やワイナリー見学ができればと思って向かったが…
昨日の今日という思いつきでは予約は取れるはずもなく…
これも、またの機会までお預けとなった(笑)

Image

そんなコッヘムは先月始めにアウグスブルクへ向かう列車の車窓から見た素敵な景色とその最寄り駅を写真に収めていたのを思い出し、行ってみることに。
コッヘムは人口5000人ほどの小さな町。
近郊からの観光客は多いが外国人観光客は少なく、ガイドブックには載っていない古い歴史を持つ素敵な町だ。
この町はケルト人の入植から始まり、後、ここに砦を構えたローマ帝国に追い出された。
戦術的にも価値が高い立地はドイツの様々な諸侯間や17世紀にはフランスも加わっての取り合いになり、町は何度も破壊されたそうだ。

現在の再建された町は素晴らしく維持と保護が行き渡り妙に自分がその場所に打ち解けている感覚をおぼえる。
ヨーロッパの小さな田舎町に行くといつも感じる感覚…
無理に「いま」に合わせようとしない。合わせようとする必要性も感じない。
もちろん、多少は「観光地」という要素は存在するが、地元の方々の生活も感じることができるバランスが絶妙だ。
何はともあれ、代々地元の方々が自分たちの町を自分たちの手で守ってきた温かみを感じる。

Image

そんな町並みを愛自転車ブロンプトンで流し、先ずはお腹を満たすことに(笑)
田舎町に来るとやはりドイツご飯が主流となるので昨日のシュニッツェルとかぶらないステーキ屋さんに入った。
どこまでも「肉」を愛するドイツ人!我々も「豪には豪に従え」ということで、こってり感たっぷりのアングスステーキ・ゴルゴンゾーラチーズ・ソース添えと豚肉ステーキのペッパー・ソース添えを頂いた。
もちろん、リーズリングワインを片手に…これまたペロリと(笑)
いままで頂いたリーズリングワインは比較的に甘口だったが…
今回は肉料理にも良く合う Halbtroken(中辛口)を頂いた。
サラッとしていてとても飲みやすかった。

皆さんはドイツワインは飲まれますか?

Image

満たしすぎたお腹をコーヒーで落ち着かせ…
小高い丘の上にそびえ立つライヒスブルグ城へと向かった。
マーケット広場を抜けて…

Image

旧市街地の小道には多くの人々が休日を楽しみに来ていた。
洞窟の中にあるワインセラーの様なワインショップやローカルパブがたくさん並びワイン片手に楽しそうな声が聞こえて来る。

Image

曇り空の下に広がるぶどう畑から見上げるお城は迫力があった。

Image

急な坂道や階段を自転車を持って登りきった。
道中、愛自転車を “Shöne – 素敵” や “Cool” と言って頂けて気分は上々♪
足取りもほんの少しだけ軽くなったような(笑)
ちなみに、このブロンプトンは本当に良くできていて、行く先々でお褒めの言葉を必ず頂く優れもの。
これに関してはまた別の機会に…
途中、一緒になったドイツ人老夫婦は少々息を荒げながらのニコニコ顔で “帰りは楽ちんね♪” と言いながら一緒に登った。
頂上から見えるモーゼル川沿いの町の景色も素晴らしかった。

Image

もちろん、お城はおとぎ話にでも出てきそうな “想像通り” の形をしていた。

Image

何度も破壊と再建を繰り返したお城の中に入れるツアーを見つけ参加することに。
ガイドはもちろんドイツ語…
しかし、日頃の行いの良さがここにも!?
米国から来ていた特別に組まれたツアーに運良く便乗することができ面白いガイドさんの説明を聞くことができた。
フランス軍が徹底的に破壊したお城は再建が放棄されていたが、ナポレオンの島流しを機にコッヘムはプロイセン領土とされ再建が始まった。

このお城の廃墟は、当時300マルク(現在の約150ユーロ=約2万円)という破格の値段でベルリンの商人(フランス人)が愛する奥様のために買収、再建した。

再建にあたっては様々な凝った趣向が施された。
例えば、一般的には教会でしか使われないゴシック調のアーチ天井を取り入れたレディースサロン。
奥様の寝室へは図書室からの隠し扉が!
開けるに女性の扱い方が問われるちょっとした仕掛けが…
扉に掘られた女性のレリーフにあることをすると寝室への扉が開くのだ。
ガイドさんが開けかとをお客さんに質問をしてみると、「胸!胸を触るのよ!」と聞こえてきて大笑い!
また、男性が狩りでの戦利品を眺めながらお酒を楽しむ部屋の鍵にも工夫が…
酔っぱらって鍵穴が見つからなくても大丈夫!
蔦のような模様を鍵でなぞると鍵穴に導かれるというデザイン!これぞジャーマン・エンジニアリング!
そして、ロウソクを立てるシャンデリアは珍しく、マーメイドにシカの角でできた翼が…
マーメイドのお腹を女性を扱うように撫でると願いごとが叶うとか☆
(写真は左上から時計回り)

Image

ダンズホールの大きなテーブルには男性の裸の銅像が置かれていた。
それを見たお友達同士のおばあちゃんはクスクス笑いながら、まさに“センターピース” ねといたずらっ子そうに言っていた(笑)

Image

このように知恵やお金をかけて愛する奥様のために再建したが…
奥様には別に好きな人ができ離婚、その2年後に残された彼も病気で亡くなった。
なんと、悲しい結末なのだ…

だが、ガイドさんのお陰でお城を楽しく散策することができた。

こぢんまりとしたコッヘムの町を丘の上から水筒に作って来たコーヒーを飲みながら眺める。
カメラにその景色を修めるが肉眼で見た景色とは比べ物にならない。
そんな景色を目に焼き付けた。

Image

Düsseldorf:ベンラートでポタリング

ドイツに引越してきて一番の感動は広い空♪
我が家のベッドルームは屋根裏部屋なので狭いが…
ベッドに横たわった時に見える天窓越しの空は最高だ。
朝は青空に広がる飛行機雲のアートショー、夜はお月さまとお星さまの天体ショーが晴れている時は繰り広げられる。
高層ビルもない街中でも、とにかく空が広く気持ちまでもが広くなるようだ。
そんな今日の朝焼けも美しい…
Image
気持ちよく晴れた日をお家の中で過すのはもったいない!
愛自転車ブロンプトンを愛車に積んでいざドルトムントへ、のはずだったが…
工事のため、あちこち高速道路が通行止めに。珍しく渋滞になり、Uターンしてデュッセルドルフに戻った。
片道通行にするとか工夫は出来そうなものだが…
気持ちを切り替えて先週末、車で迷い込んだ素敵な場所に行ってみることに♪
迷って通った道を相棒のiPhoneの地図機能で場所をチェックしてスクリーンショットを撮っていたのでスムーズにたどり着いた。行き先の街は Benrath – ベンラート。
最近の技術はつくづくすごいなぁ、関心。
いざ、ブロンプトンを車から取り出し組み立てサイクリングに出発!

Image

川沿いの街は本当に素敵♪
車用と自転車用の車道に散歩用の歩道がちゃんと別々に確保されていて走りやすい。
もっと言えば、船用の川と飛行機用の空のルートも全部が備わっている街だ。

Image

お昼を食べそびれた私たちは少し走った先に見つけた地元のレストランに入った。
地元の方々が集う場所…
サイクリング仲間と休憩がてら一杯のビールで乾杯…
老夫婦が手をつなぎながらお散歩がてらのカフェ・タイム…
今日は結婚式を終えた新郎新婦が友達とビールを飲みに来ていた。
ウェディングドレス姿の新婦さんはさすがドイツらしくビールを片手に幸せそうだった。
私たちも美味しいシュニッツェルをいただきながらビール♪
大きなドイツ風とんかつにマッシュルームソースとジャーマンポテトは最高の組み合わせ!
こちらではこのボリュームをお年寄りから若者までみんなペロリと食べてしまう。
そんな私たちもペロリですが(笑)

Image

お隣の席の方とたあい無ない会話を交わす。
こんな時にもっとドイツ語が出来たらと思う。
少しは理解できるようになったが、返事を考えている間にタイミングを逃してしまう始末…
毎回、もっと勉強せねばと思いながらもなかなか上達しないなぁ。
そんなひと時を過ごした後には川沿いの素晴らしい夕焼けが目に飛び込んでくる。
Image
写真では表しきれない美しさ…
こんな平和で素敵な時間を毎日欠かさず届けてくれる自然に感謝の気持ちが込み上げてくる。
みなさんは最近、朝焼けと夕焼けを見てますか?
景色に見とれて時間を忘れてしまい辿り着けなかったベンラート城に近々訪れたい。

Keukenhof:オランダ といえば チューリップ♪

今年の冬は長いというのか、春が来るのが遅いというのか…
寒い日が続いています。

先日、待ちに待った折りたたみ自転車:BROMPTION も届いたことだし♪
週末に思い立ってオランダにあるキューケンホフ公園に行くことに。

Image

デュッセルドルフから約270km、約3時間のドライブ。
のはずだったのですが…
少々迷子になってしまいまして(汗)
近くに行けばチューリップ畑が広がっていて公園の場所もわかるさぁ…
しかし、会期最終日前日ということもあってか…
辺りにはチューリップがほとんど咲いていなかった(汗)

Image
チューリップが咲いてない… ちーん。

も、もしかして… チューリップの時期は終わっている?
そんな時、大型バスが見えた!
これは、観光客を乗せているバスに違いない!
バスと同じ方向に向かって公園の駐車場に到着。
駐車場には結構車が止まってるしきっと中に入ったらチューリップが見れるはず♪

Imageキューケンホフ公園に入ったらたーくさん咲いてました… チューリップ♪

オランダといえば風車とチューリップの景色が世界的にも有名ですよね。
ここ大きなキューケンホフ公園(広さは32ヘクタール!)は60年以上もの間、オランダで最も人気のある観光地のひとつだとか… 公園内には15kmもの遊歩道が広がり…

Image風車もちゃーんとありました!

チューリップ、ヒヤシンス、スイセンなど700万株以上の春の球根花がスタイリッシュに咲いていました♪
チューリップの季節が終わりがかっているにもかかわらず可愛いチューリップがたーくさん咲いてました。

Image本当に色々なカタチや色のチューリップがあるんですね。

新しく買ったばかりのミラーレスも大活躍!
何枚撮ったことか…
美しいお花の色合いと景色にうっとりです。

Imageチューリップの他にもたくさんの種類のお花が咲いていました♪

こんなにたくさんのお花に包まれた空間は初めて!
そして、こんな可愛いお花も発見!

Image ハート型のお花♡ 日本名:ケマンソウ 英語名:Bleeding Heart

あまりにも可愛くて…
スキップしたくなっちゃいました(笑)

Image

来年の春には公園周辺のチューリップ畑が満開の時期にまた必ず訪れたい!
そして、チューリップ畑を木靴を履いて愛自転車 BROMPTON で走りながらオランダを満喫したい♪
キューケンホフ公園内の自転車の乗り入れは許可されていません。)

ちなみに、2014年の会期は3月20日から5月18日を予定しています。
Keukenhof:キューケンホフ HP(日本語)
お花が大好きな方やヨーロッパの旅を計画されている方々にはかなりオススメです!
FLOWER POWER(愛と平和)で間違いなく幸せと感謝の気持ちで溢れますよ♪

Image

たくさんのチューリップと花々に魅了されっぱなし♪
寒さを忘れてしまう3時間近くの幸せな気持ちいっぱいなお散歩でした。

おまけ写真♪
オランダのもうひとつのイメージは…
そう美味しいチーズ♪

Image公園内にはチーズ関連のお土産屋さんも…